トピック

現場ルポ! 熊本建設業協会 芦北・八代・人吉支部の戦い

地元建設業の威信をかけ復旧・警戒

 梅雨前線の影響で7月3日夜から4日朝にかけて猛烈な雨に見舞われた県南地域。熊本気象台によると、球磨村で1時間に83.5ミリと観測史上最大の雨量となった。国土交通省では、今回の球磨川の氾濫は戦後最大の被害が出た1965年7月以来の規模という。同時に被害も広域化しており、球磨川本流が流れる人吉市、球磨村、八代市をはじめ芦北町、津奈木町まで及んだ。被災地でスピーディーな活動を展開したのが、熊本建設業協会の八代支部、人吉支部、芦北支部の各メンバー。地元ならではの地の利と機動力を生かし、応急復旧を実施する前に救援ルートを確保する道路啓開作業に赴く。ただ、猛烈な雨は降り続いており、常に危険と隣り合わせ。地元建設業の威信にかけて懸命に復旧、警戒にあたる現場では緊張の糸が張り詰めていた。続きはこちら

(注、発災後7日間までの活動を伝えています)

人吉市街部の被災個所では人吉支部協会員が住民の奮起を促す(7月11日)

トピック一覧

もっと見る