業界の動き(県内)

熊本県土木部 高校生向け建設産業ガイダンス開く 建設産業団体15団体が入職訴え

 熊本県土木部は12日、熊本市流通情報会館で高校生向け建設産業ガイダンスを開いた。県内の工業系学科がある16高校の1・2年生、保護者、先生を対象に建設産業の魅力を伝えたもので、過去最高となる約560人が参加した。建設業協会をはじめ建設産業団体15団体がブースを設け業界の説明を行うなど、建設産業への入職を訴えた。

 各団体が推薦する先輩技術者による座談会もあり、建設業協会青年部から田中太康さん(明興建設)、くまもと建麗会から平井亜季さん(和久田建設)、測量設計コンサルタンツ協会から寺本さくらさん(有明測量開発社)、塗装防水仕上業協同組合から田中聖人さん(こざき)らが登壇。建設産業に入職したキッカケや仕事の魅力などについて生の声を伝えた。

 先輩技術者は高校生に対して「やりたいことが見つかったのが建設業。少しでも興味があれば仕事につなげてほしい」「高校生のうちは大人に甘えていい。先生ともしっかり相談して自分の道を切り開いて」「女性だからと遠慮してはダメ。いろんな業種があるのでやっている人から直接話を聞くべき」「この業界は成長を感じる仕事として魅力がある」―とメッセージを送った。

 土木部監理課では「建設業は重労働で危険といったマイナスイメージがある。これからはICT重機の導入による作業の効率化や週休2日制の導入など大きく変わっている。建設業の魅力、やりがいを感じて進路を考える機会として多くを学んでほしい」と話している。

建設業の魅力を学んでほしいと訴える土木部監理課の小西英夫課長補佐(クリックして拡大)

  • 建設業の魅力を学んでほしいと訴える土木部監理課の小西英夫課長補佐(クリックして拡大)

各ブースでは建設産業の魅力を発信した(クリックして拡大)

  • 各ブースでは建設産業の魅力を発信した(クリックして拡大)

業界の動き(県内)一覧

もっと見る