トピック

ここだけの話では建設業は衰退するばかり。髙山(橋口組)が人材確保術を明かす理由

 建設業を営む上で、永遠の課題となっているのが人材確保。毎年、手を替え品を替えた手法で人集めに東奔西走しているのが現実となっている。特に中小企業にとっては死活問題で、3Kイメージが付きまとう建設業は、他の産業と比較しても若者に敬遠され新規入職者が減少し、高齢化が進行している。人手不足によって倒産に至るケースも少なくない。

多くの地場建設企業に人材確保への取り組みを促す㈱橋口組の髙山正輝取締役

20年間新卒採用ゼロ 来年度は4人採用予定

 こうした中、地方にあって建設業の将来を危惧しながら、人材確保に邁進しているのが土木一式を主に営業し、熊本市南区に本社を置く㈱橋口組(橋口光徳社長)で取締役を務める髙山正輝だ。髙山は昨年まで熊本県建設業協会で総務課長として〝人材確保〟を担当する任を負っていた。「畑違いの建設業に飛び込み当初は苦労しましたが、かつて就いたことがある人材サービス業の経験が役に立ちました」。その後協会を辞め、橋口組に入社。その経験を活かし転職したばかりにもかかわらず20年間新卒採用ゼロだった同社に今年度に1人を受け入れ、来年度は4人の採用予定者を見込んでいる。「自社ばかりが頑張っても裾野は広がりません。地場の建設業全体で人材確保に取り組んでいかないと、この産業は衰退するばかり」。髙山が人を引き寄せるタネを明かすのは、少しでも多くの建設企業が人材を集め業界を盛り上げようとする目論見があるからだ。続きはこちら

トピック一覧

もっと見る