工事情報

九州ブロック発注者協議会 2019年発注見通し一元化(7月時点)約2万7000件を公表

 九州ブロック発注者協議会は、2019年7月時点の九州ブロックにおける各発注機関の発注見通しを一元化しこのほど公表した。それによると、全体で2万7022件、熊本県内では4642件(2019度発注分)の発注情報件数が明らかとなった。

 九州ブロック(7県)を各振興局若しくは土木事務所単位(福岡県、大分県除く)で66地域に区分(福岡県:4地域、佐賀県:5地域、長崎県:10地域、熊本県:11地域、大分県:18地域、宮崎県:11地域、鹿児島県:7地域)しており、地域毎の発注情報を把握することができる。

 今回、とりまとめた機関は、国19機関(発注無し1機関含む)、独立行政法人等8機関(発注無し2機関含む)及び地方公共団体224機関の合計251機関(参画率94%)であり、発注情報の件数は全体で2万7022件(2019年度発注分)。一元化された情報は一覧表としてとりまとめており、フィルタ機能を活用することで、必要な工事情報を検索することができる。原則として毎年度4回公表。

熊本県内(2019.7月時点)【Excel】  ◆熊本県内地域区分図【PDF】

工事情報一覧

もっと見る