トピック

品質管理に妥協なし!良質なコンクリート構造物を造る人たち~熊本県建設業協会芦北支部/研修編~

 コンクリート構造物のQC(クオリティー・コントロール/品質改善)活動を展開していくためには、常にその取り組みに携わる人材の心構えが不可欠。熊本県が立ち上げた「県南コンクリート構造物品質確保推進協議会」ではその都度、研修会を行い「どのようにして品質改善を図るのか」を模索している。協議会のメンバーでその解を求めQC活動を積極的に展開しているのは、熊本県建設業協会芦北支部(佐藤一夫支部長、会員40社)。水俣市の砂防ダムで、生コンクリートの打設工程を研修する現場を覗いてみた。続きはこちら

研修の現場となった上初野川に建設中の砂防堰堤

トピック一覧

もっと見る