トピック

品質管理に妥協なし!良質なコンクリート構造物を造る人たち~高野組/生コン生産者・工事施工者編~

 QC(クオリティー・コントロール/品質改善)活動を進める県南コンクリート構造物品質確保推進協議会は、生コン生産者、工事施工者、発注者が有機的に連携することで、施工計画(PLAN)→実施工(DO)→評価(CHECK)→改善(ACTION)というPDCAサイクルをしっかりと機能させることが出来る。その生コン生産者側の一人で、大きな役割を担うのが八代地区生コンクリート協同組合(以下、八代地区協組)の理事長である髙野晋介だ。髙野は、土木部と生コンクリート事業部を持つ㈱髙野組(熊本県八代市)の専務も務める。生コン生産者、施工者という双方の視点からQC活動を見守る貴重な人物として存在感を示す。続きはこちら

髙野組が2017年に施工した大鞘川・水管橋

トピック一覧

もっと見る