トピック

品質管理に妥協なし!良質なコンクリート構造物を造る人たち~江川組編~

 ㈱江川組(熊本県八代市)は、八代市千丁町を流れる大鞘川に架橋する二軒屋橋下部工のうちP1橋脚でQC活動に取り組んだ。現場代理人として施工監理を務めたのは、技術管理課で主任を務める作本裕次郎だ。QC活動を本格化させるために「県南コンクリート構造物品質確保推進協議会」が設立したのが2017年4月。2017年3月にはこのP1橋台が完成しており、今やQC活動の施工モデルとなっていると言っても過言ではない。その出来栄えは〝見事〟と表現できるほど素晴らしい。続きはこちら

高品質で耐久性のあるコンクリート構造物は技術者たちのプライド。写真は2016年に着工し2017年3月に完成した二軒屋橋P1下部工

トピック一覧

もっと見る