人材育成

熊本県立熊本工業高等学校猿渡 和博教諭

産・官・学連携が奏功

熊本工業高等学校土木科で教鞭を執る猿渡和博教諭は、産官学が一体となって人材育成をバックアップする現状を高く評価する。ただ、こうした取り組みを一過性のものにせず、継続していくことで何らかの成果につながることを期待するひとりだ。

一過性でなく継続を

―人材育成への取り組みが本格化していますね。

熊本県と協力しながらイメージアップ事業に関わらせてもらって今年4年目になります。つくる部も含めて 以前と比べると色々と県、建設業協会と話す機会も増えて、ご要望を伝えたり支援していただきたい所を相談しているところです。これからの方向性というのは3年かけてやっと身になりかけたかなという感じがしています。産官学の連携といいますか、産が建設業協会、官というのが県になるでしょう。そこに私たち学が一緒になってしっかり人材育成をしていこうという態勢が出来上がったところかもしれません。後は、県内の地場企業に人材を残して欲しいという要望にも応えていかなければならないのですが…。

―方向性が見えかけたというのは具体的には。

地場企業に進める人材を育てるというところでいくと、もっと早い時期に土木に興味を持ってもらうことかもしれません。熊本県内の工業高校に土木科は5校あって、九州で一番多いんじゃないかと思います。他県は再編の時に減らされています。県内の5校でも定員割れしている高校もあるので、その募集を見据えての小・中学生に対して広報などの働きかけをしていかなければなりません。この夏行ったオープンキャンパスも初めてドローンや重機を使って大規模なPRを進めることが出来ました
 さらに入学してからは出前講座などの実践的なものを充実をしていきたいと思っています。1年生は建設業協会青年部に毎年見学会をお世話になっております。三学年通して専門業者さん、地場の建設業さん、コンサルさんが色々いらっしゃるところの出前講座を開き、子どもたちに技術を伝え教えていただきながら、進路・仕事の面白さを伝えられたらなあというところです。産官学で連携して、県内で学ぶ土木科の生徒の技術を伸ばすと同時に、進路指導も兼ねてというところで今後進めていけたらと思っています。

―オープンキャンパスは毎年実施されているのですか。

毎年開催していますが、これまで土木科は作品的なものがあまりなくて、動くものが少なかったので、中学生にわかり易く説明する道具を示すことが出来ず、地味な感じでした。実際には大きなものを作るものですから、他の科のように小さいパッケージで見せられるものが少なかったので、今回、ドローンと重機を持ってきていただきました。国はi-Constructionも始めており、これから土木工事も変っていくのでしょうね。ああいうものに関しては多分子どもたちも興味があるのではないかと思います。ドローンはコンサルさんが、重機は建設業協会が協力して下さって、お金は県が出して下さっていると思いますし、皆さんに協力して頂けたので、非常に立派な見学会が出来きましたし、土木を前面に打ち出したもので好評だったと思います。
 

―進路については様々なアドバイスがあるのでしょうか。
 

公務員、企業、進学とある程度進路先が色々分かれていた方がバランスも取れて良いと私は思っているんです。固定せずに基本的には子どもたちに任せています。この辺は難しいところで、県内企業さんにお世話になっているからといって、僕らが「あっちに行きなさい」「こっちに行きなさい」と勧めることはできません。出前講座や見学会に協力して貰う中で接触していただくということですね。最終的には保護者さんと本人が決めることです。求人票の書面だけではなくて、中身をお互いにわかった上で、地場も良いところがありますし、今は少子化で保護者さんが県内に残って欲しいという潜在的な要望も高いわけですから。今後、間接的になりますが、そういう機会を増やす中で、地場の良さとか色んなところの魅力が伝わって、県内が増えるとなれば良いのかなあと思っています。
 

―人材育成についてご意見がありましたらお聞かせください。

一過性じゃないところで県内の土木科の良い協力が出来て、生徒たちや私たち教員側の技量も上がっていき、出前講座などとの連携が出来ていけば良いのかもしれません。そうして継続しながら、来年、再来年と2~3年見て、お互いに意見を交わし修正していきながら、子どもたちを育てていって貰えればなあと思っています。建設業協会の方ともずいぶん話す機会も増えて、地場企業への入職が数字に反映できるのであれば良いのですが、そこは何とも言えません。進路の問題は子供の人生に関わることなので難しいところです。

今年の夏休みに実施したオープンキャンパスでは、建設業協会、測量設計コンサルタンツ協会とも連携しドローンや重機を使って大規模にPR活動を行った

  • 今年の夏休みに実施したオープンキャンパスでは、建設業協会、測量設計コンサルタンツ協会とも連携しドローンや重機を使って大規模にPR活動を行った

人材育成一覧

もっと見る